AGA治療の効果は?

20代から30代の男性に見られる薄毛は、ほとんどがAGAの症状といえるものですが、その原因は人それぞれ異なります。
薄毛を促進させる男性ホルモンのせいなのか、頭皮の血行が悪く毛が生えにくい状態になっているせいなのか、薄毛になる要因は様々なので、一人一人きちんと問診や触診を行い原因を見極めてから、その原因にあった治療を行なうので、AGA治療は一つではありません。
AGA治療に使われる薬の効果についてですが、主に使われる薬はプロペシアやミノキシジルの2つです。
プロペシアは薄毛の進行を食い止める効果があり、1日1mgづつ服用した男性の9割に効果が表れたことが過去5年間の研究で分かりました。
もう一つのミノキシジルは毛母細胞を活性化させる効果があり、48週間の間5%使用すると約5割に発育の改善が見られました。
AGA治療にはこの2つの薬を使用するだけでなく、食事や生活習慣の乱れを改善するよう、アドバイスもしていきます。
AGA治療の効果について、これらの2つの薬は使用したが全く効果が分からないといった口コミだったり、高い治療費を払ったのに全然効果がなかったとガッカリした口コミが多く出てきますが、AGA治療の効果は人それぞれですし、プロペシアやミノキシジルの効果の研究もまだ日が浅く、これからもっとより効果のある薬が開発されると思います。
AGA治療は保険の適用外なのでどうしても治療費が高額になってしまいますが、AGA治療を始めた人には諦めずに治療を続けてもらいたいと思います。
多くの人がAGA治療を受けることでより多くのデータが集まり、さらに効果的な薬が開発されるので、AGA治療のこれからのためにも諦めないで治療を続けて欲しいと思います。

Categories: その他